ブログ

海上輸送と航空輸送それぞれの特徴、メリット・デメリットを解説

国際輸送に目を向け、主な輸送方法である海上輸送と航空輸送の違いを解説します。違いはそれぞれの特徴でもあります。輸送に関わる距離や輸送できる量、輸送に掛かる運賃といった基本的な特徴を踏まえ、メリット・デメリットを確認します。自社製品の貨物はどちらが適しているのか、適している輸送手段を検討するのに役立つ情報です。今話題になっている輸送における温室ガス排出量削減や脱酸素化に変わるエネルギーの取り組みも紹介します。

国際海上輸送と航空輸送の違い

国際物流を支える輸出製品を取引相手へ送り届ける手段に注目し、主な方法である海上輸送と航空輸送の違いについて確認しましょう。

特徴

国際輸送を特に支えている輸送方法は海上輸送です。国際物流における輸送の99%を担っています。なぜそれほどまでに海上輸送を利用するのか、それは1回の輸送で運べる量が他の輸送手段に比べ、比にならない程大量に運べるからです。

航空輸送で1回に運べる量が少なく、海上輸送は多いのが特徴でその差は7倍程です。それ程多くの貨物を運ぶことが出来るのが海上輸送です。ただ海上輸送に不向きな貨物製品もあります。医薬品や精密機器などです。他に私たちの生活に身近なスーパーに並ぶ新鮮な野菜や果物は航空輸送が適しています。輸入野菜は収穫され日その日店頭に並べることも可能です。早さを重視する場合、航空輸送を選びます。ワクチンも航空輸送が選ばれています。

輸送距離・所要期間

輸送距離と輸送に掛かる期間を比較してみましょう。
例えばイタリアへの海上輸送は約半年掛かります。航空輸送では1日、7時間で到着。この差に見れば明らかなのが、到着の早さです。輸送期間を重視するか、運賃コストを重視するか、利益追求において、大きな差を生みます。そういった点からも国際輸送の99%を海上輸送が支えている理由でしょう。

輸送量

輸送量は先にも紹介しましたが、ただ海上輸送に不向きな生鮮食品や医薬品、精密機器は航空輸送を選びます。海上輸送が運べる積載量はいったいどの程度なのでしょうか。
船舶の種類は様々です。コンテナ船の他に輸送する貨物専用の船舶があります。例えば、セメントや石炭、自動車、天然ガスであるLNGなどがあります。主な船舶であるコンテナ船の総輸送重量は、51,100トン程です。
航空輸送の一度に運ぶ量は、100トンが最大です。

運賃

次は料金について紹介します。輸出する際に貨物輸送に関わる料金に限っての料金です。関税等の費用は入りません。海上輸送料金と航空輸送料金は運ぶ貨物製品の種類と量距離によって変動します。同じ製品を運べるだけ運ぶとどの程度違うのかを紹介します。また輸送を取り巻く社会状況によって高騰する場合もあります。おおよそ一般的には航空輸送運賃は海上輸送運賃の7倍です。海上輸送に不向きの製品を輸送する場合、これだけのコストを掛けてでも品質を維持し、短期間で届けられることを求め、航空輸送を選びます。
運賃が安ければ、低コスト、利益の訴求に繋がります。
海上か航空か、それぞれの違いを知り、輸送製品の特徴や目的に最適な方法を選ぶことが重要です。

梱包

梱包方法は、国際規定があります。国際規定にたち、航空輸送は、軽い梱包材を選ぶ傾向にあります。輸送運賃は重量によって算出されるからです。より軽い梱包材を選ぶことで運賃コストを削減につながります。
海上輸送で注意したいのは水濡れです。影響する荒天や、乱暴な扱いから守ってくれる強固な梱包を選ぶのが特徴です。
海と空それぞれの輸送環境と規定に基づいた梱包が必要です。

メリット

メリットは、低コストで輸送できるか、1度に多くの量を届けられるか、輸送に掛かる時間的な点に注目してメリットを解説します。特徴やメリット、デメリットを知っておくことで輸送する製品の質や輸送の目的に合った最適な輸送手段を選択することを可能にします。

海上輸送のメリット

海上輸送のメリットは、何といっても1度に大量の貨物を運べることです。運べる量が多く、運賃も安いのが最大のメリットです。このメリットにより、99%の国際輸送を担っているのです。

航空輸送のメリット

航空輸送のメリットは、早さ、空調管理が必要な生鮮食品やワクチンといった医薬品また、精密機械を運ぶのに適しています。海上輸送では安全に運べない製品の輸送手段として選ばれる場合が多いです。輸送の特徴を知り、適した輸送手段を選びましょう。

デメリット

反対にデメリットは貨物製品を傷めてしまう、また輸送環境が抱えている国際情勢の影響を受けやすいか、輸送条件を生じてしまうことです。

海上輸送のデメリット

海上輸送は、国際情勢や、取引相手国内の社会情勢の影響を受けやすく、物流の動きを止めてしまう可能性があります。影響を与える国際情勢とは、国際関係の悪化による輸送困難や国内社会状況は輸送企業内のストライキがその例です。

航空輸送のデメリット

航空輸送のデメリットをss挙げるなら、やはり運賃が海上輸送よりも高いことです。ただ運賃が高いに対し、輸送時間は数時間で可能にします。

貨物による最適な輸送手段

輸送する、貨物製品にとって最も適した輸送手段を選ぶことで、より安全に取引相手へ届けられます。身の回りにある輸入品、これは海上輸送で数か月海に揺られて運ばれて来たのかと手に取って想いをめぐらすのも楽しいです。

輸送における排出ガス・CO₂削減の取り組み

世界的に取り組むSDGs、国際輸送でも求められています。輸送燃料による、脱酸素、排出ガス・CO₂排出量削減のために企業レベルで研究が進んでいるのです。
海と空それぞれの環境で課題に直面しながらも新しい燃料開発、取り組みについて簡単に紹介します。

海上輸送の取り組み

今注目される輸送燃料、環境保全が求められています。代わる新しい燃料研究開発を各輸送業者が取り組んでいます。
海上輸送は、温室効果ガス排出量を削減のための取り組み、脱炭素効果で次世代燃料の研究開発も加速して進められています。段階的な目標設定に向かって世界の船舶業界が取り組んでいるのです。

航空輸送の取り組み

航空輸送業界では、CO₂排出量削減のためバイオマス燃料に着手し研究に取り組んでいる企業もあります。海と空それぞれが新しい燃料が今後地球環境を守る効果をもたらす努力をしているのです。

まとめ/海上と航空輸送の違い

私たちの生活を支えている製品、海外を渡って届いた手にする物は、大切に運ばれてきた物です。海上輸送と航空輸送の違いについて解説しました。その違いである特徴を踏まえ、それぞれに適した貨物製品があるということ、輸送における国際情勢が関わっていること。友好な関係が国際輸送を可能にします。
海外を知る、文化を知る機会です。大切にしていきたいものです。今後の国際輸送に関わる燃料研究も世界的に行われています。国を超えて取り組むことで世界友好を拡げられる姿でもあり、これから注目していただきたいです。

この記事を読んだ方にオススメの記事はこちら!


>>弊社サービスについてのお問合せ・お見積りはこちらから!


PAGE TOP
無料相談・お見積もり