ブログ

貿易取引を行う上で知っておくべきリスクとは リスクマネジメントの重要性

グローバルワークである貿易取引、豊かな資源や商品、サービスが国を超えて取引を行います。私たちの生活に欠かせないモノのほとんどが輸入品であることは周知の通りです。
輸出は国の繁栄をもたらします。自国で生産した商品は国を出て海外で利益を生みます。
こうした国を超えた取引において、注意しなければならないのはリスクです。国を越えた貿易取引には国によって言語や分化、商習慣が違います。違いから起こりうるリスクはつきものです。リスクを限りなくゼロに近づけるために準備する、回避することは可能です。
リスクとは、なぜリスクは起こるのかを分かりやすく解説します。リスクを知ることで、回避するための得策に繋がるのです。

貿易取引におけるリスクとは

貿易取引を行う理由の1つは利益の追求です。貿易には輸出と輸入それぞれの取引があります。輸出取引であれば、商品を大きな貨物船に乗せ、取引相手国まで届けるのに遠ければ1月もの間船荷は揺られています。輸出に掛かる輸送費をとっても大きな金額が動いていることは想像できます。万が一リスクが起こってしまえば大きな損失を招いてしまいます。貿易をこれから始める、まだ経験が浅いと、リスクに注意するべきです。
貿易取引における主なリスクは5つあります。それぞれのリスクを分かりやすく説明します。

取引相手に対する信用

貿易取引の相手は異国の企業です。国が違えば文化や言語、商習慣も違います。私たちが普段生活している様子とは違うのです。平気で支払いをしない、商品が届かない、質に問題あり、売り物にならない、といったことが起こるのが貿易取引といえます。
このように世界では信用出来る相手だけではありません。言語が違えば認識の違いもあります。お互いの認識のズレが不信へと変わることもあるでしょう。
梱包の煩雑さに、税関で差し止め、契約納期に間に合わないといった損失は自社の不信にも繋がってしまうのです。騙されるリスクは十分にあります。
違いから起こるリスクを十分に知り、回避するための対策が重要です。

輸出入双方の回収

輸出と輸入双方の回収とは、輸出者は代金、輸入者は商品やサービスです。
輸出者にとっての回収リスクは商品を輸送したにも関わらず代金が回収できない、輸入者にとってのリスクは、届くはずの商品が届かない、届いた商品の質に問題がある、納期を守らない、追加で入金するよう請求されるというリスクです。国内取引の商習慣では考えられないことが起こるのです。

商品の輸送トラブル

輸送方法は主に船荷輸送・航空輸送です。国際社会の状態に大きく左右されます。船荷輸送であれば

為替変動による不利益

国際為替の変動はそのまま利益に大きく関わります。利益を生むこともあれば反対に不利益になってしまうこともあります。国際取引では、為替変動を注意する必要があります。為替の変動を予測し、利益を追求するためのタイミングが大変重要です。国際的な為替に目を向けておくことでリスクを回避に繋がります。

取引相手国内の社会情勢

相手取引国内で大きいストライキといった社会問題が起こることがあります。例えば関係する輸送機関でストライキが起これば、そこで貿易取引は中断になってしまいます。
こうした社会問題が長期的に続けば、利益を生むはずの取引は損失に変わってしまうのです。リスクを負わないために取引相手国の社会状況を把握し進めることは大変重要になります。

リスクを回避するには

貿易取引に考えられるリスクを解説しました。起こる可能性のあるリスクを知る目的は、回避する対策をとることが出来るからです。
次に紹介するのは考えられるリスクを回避するための対策方法、リスクマネジメントについて解説します。貿易取引にとって重要なマネジメントです。

リスクマネジメント

輸入者にとっての回収リスクを回避するための対策を紹介します。輸入貿易のリスクを、商品を仕入れるためのマーケティング。どの国から輸入するか、政治や社会情勢安定しているか。国貿協定を結んでいるかが重要になります。貿易取引は自ら足を運んで細目にチェックするのは、物理的にも不可能です。リードタイム・キャッシュフローにおけるリスクを知ることが重要です。取引相手国・企業の信用性は大変重要なのです。
リスクを知りそれを回避するリスクマネジメント、貿易取引において不可欠といえます。
リスクマネジメントを可能する商社を利用するのも良いでしょう。専門的な知識は豊富で頼りになります。
また取引を進めたい取引先の展示会に参加することで、実際に商交渉進展は早いのが特徴です。展示会には高額な費用が必要で開催する出展企業のビジネスに掛ける想いがつよいのも分かります。信頼性も高いです。

企業マネジメントをサポートしてくれる機関であるJETROや商工会議所もあります。JETROは日本貿易振興機構といい、世界市場へ進出するのをサポートしてくれます。これから貿易取引を始めるのに役立ちます。
DUN&BradstreetCorpアメリカ発で、世界企業の信用調査代行サービスもあります。
他に、貿易取引にリスクを回避するための保険もあります。輸出者が負担する場合と、輸入者が負担する場合があり、取引のどこまでを保証してもらえるのか契約する際は注意する必要があります。

専門的なサービスを利用する

貿易取引の経験も浅く不安であるなら、助けになる存在といえるフォワーダーや商社を利用するのも良いでしょう。ただ直接取引に比べ依頼する分コストが高くなります。直接取引の利益、リスク回避のための対策、それぞれの利益を見比べ選択することでより安全な取引を可能にします。

リスクを回避するための仕組み

L/C決済やB/Lといった仕組みがリスク回避の1つです。L/Cは信用状です。銀行が発行して、その取引、商品や代金を保証してくれるのです。
B/Lは船荷証券といって船荷における取引を保証してくれます。貿易取引はリスクに対する回避と共に発展しているといってもいいくらい、これまで多くのリスクがありました。リスクを回避し安心して取引できる仕組みを国や、世界で整えているのです。こうしたリスクを回避し、利益を訴求することが可能になり、私たちの生活を豊かにします。

まとめ/リスクを知っておけば回避できる

リスクを知る目的は、事前に回避するための対策になるためです。リスクは大きな損失に繋がる可能性は大きいのです。利益を追求するための貿易取引において損失は防ぎたいというのが本音です。そのために貿易取引におけるリスクを知ることが大変に重要です。リスクを回避するリスクマネジメント、専門家によるリスクコンサルタントという、サービスもあります。
輸入・輸出の立場で可能性のあるリスクは異なります。それぞれの立場における考えられるリスクを回避するための得策、貿易取引が浅くリスク回避に不安を感じるならば、専門的な立場で取引を進めてくれる商社やフォワーダーを選ぶのもありです。
貿易取引は国内取引の損失とは比にならない大きさです。国が違えば言語や分化、商習慣も異なり、法律も異なるのです。どこの国と取引をするのか。相手国にもよります。
貿易取引におけるリスクを知ることで対策をとることを可能にします。

この記事を読んだ方にオススメの記事はこちら!


>>弊社サービスについてのお問合せ・お見積りはこちらから!


PAGE TOP
無料相談・お見積もり