ブログ

貿易取引のさまざまな種類 取引の流れや条件、リスクとともに解説

ワールドワイドに商取引を行う”貿易”の種類について詳しく見ていきましょう。
自国で作った商品を諸外国に売る”輸出”と諸外国で生産した商品を仕入れる”輸入”と呼ばれるものが貿易取引です。貿易取引の内容を細かくみるとその種類は多様にあります。
今回は貿易取引の種類とそれぞれの特徴を解説します。それぞれの特徴・違いを理解することで自社の貿易を進めるのに最も適しているのがどの取引なのか、ベストなものを選択することで、より高利益・効率化を実現できるでしょう。
貿易取引を検討中でしたら、ぜひ参考にしてみてください。

貿易取引とは

貿易取引は大きく分けて輸出・輸入です。現在その内容は多様にあります。貿易業界は発展し続けているといえるでしょう。
多様な内容である貿易取引の特徴を確認しながら種類ごとに分かりやすく解説します。

貿易取引の特徴

世界貿易機関であるWTOに加盟する諸外国は現在164カ国あります。加盟する164もの国が毎日のように貿易取引を行っています。貿易の内容は輸出輸入といった2種類に限りません。その種類は7種類もあります。多少重なる部分もありますが細かく分類すると7つになります。
世界で行われる貿易取引にはどんなものがあるのか早速見ていきましょう。
現在貿易取引を実際にしているのでしたら、更なる高利益に効果的な取引が見つかるかもしれません。

貿易取引の種類

さて貿易取引の種類といってもやはり利益を追求した取引であることが重要です。高利益を生むのに最適な取引を見定めるために、それぞれの種類の内容、違いをしっかり理解しておくことは有効でしょう。その後の貿易取引方法に活かせます。
それでは貿易取引の種類についてそれぞれ解説していきます。

直接貿易・D2C

最初に紹介するのは、直接貿易です。生産者と小売業が直接取引をします。商社といった仲介がないので利益追求の理に最も効果的です。D2CはDirect to Consumerの略で直接、消費者へ繋がります。
ただそれには貿易という国にごとに違う法律や商習慣の異なる国との直接のやり取りとなるため、知識と経験も重要になります。知識や経験に自信があれば大いに貿易取引を広げ利益を生むことが出来るでしょう。

関接貿易

直接取引に対し、間接貿易は貿易取引に関わる知識や経験を豊富に持つ貿易のスペシャリストである商社を仲介し貿易取引をします。まだ経験も浅く、自信がないのであればリスクを負うよりも、やはり安心して利益を生むことが重要です。商社は貿易取引のスペシャリストです。貿易に必要な商習慣や貿易制度を熟知し国によって異なる言語力や商習慣も把握しています。納期や品質の調査、物流手配もそつなくこなしてくれ、貿易取引に欠かせない頼りの存在となります。

並行輸入

貿易取引のうち輸入取引の種類です。並行輸入はブランドの品質を損なわずに販売できるとブランドから信用される必要があります。ブランドの正規代理店を通さず直接販売することができ、利益に繋げることが可能です。自国である程度認知度の高いブランド品なら、販売促進効果も期待できます。ただし注意が必要なのは騙されて偽物を輸入してしまうことです。偽物であると、通関でストップなり通れません。

仲介貿易/3国間貿易

仲介貿易2国間同士の取引ではなく、国を仲介に取引します。輸入国と輸出国の間に別の諸外国が仲介し3国の間で行われる取引です。仲介貿易のことを3国間貿易ともいわれます。ただし物流輸送は輸出入の2国間で直接行われます。仲介国が物流手配をするのです。実績や経験のある仲介国が間に入りやり取りをします。利益上、輸出入国の直接に繋がることを嫌います。
複雑に感じる3国間貿易のメリットは何でしょうか。輸出国にとってのメリットは貿易交渉や販売の促進、代金の回収を安心して任せられることです。輸入国にとってのメリットは有利な価格設定や貨物輸送コスト・税金のカットが挙げられます。仲介国のメリットは輸入者からのマージンです。理解すれば主要な貿易取引になるでしょう。

委託加工貿易

委託加工貿易は諸外国に原材料を輸出し加工組立を委託し、完成した商品を輸入する貿易取引です。人件費の削減が主な目的となります。加工組立をする工場を保税地域におくことで原材料の税金を抑えます。委託加工貿易を選ぶ際は、輸出してでもコストをカットでき利益を生めるかがポイントでしょう。

OEM輸入

OEMは商品を買い取り輸入し自社ブランドとして売るという貿易です。海外で生産された商品パッケージに自社ブランドのデザインを加えて輸入し販売します。
海外にはOEM商品を積極的に生産してくれる企業が多くあるのです。

開発輸入

資源がその開発商品です。先進国が発展途上国で鉱業や農産、水産資源を開発し輸入する貿易取引です。自社開発を他国で行い、輸入し自国で商品・サービスを販売します。他に衣類を委託開発し輸入することもあります。海外洋品の企画を自国で好まれる規格に作り直した商品を輸入します。

貿易取引の流れ

7種類の貿易取引を紹介しました。私たちが手にする輸入品がどのような取引をしてきたのかが理解できます。
輸入輸出者間で直接行われたり、商社など仲介を通して取引されたり多様な取引があるのです。こうした様々な取引の流れは取引相手との契約、輸送手段の手配、輸出・輸入それぞれの通関といった一連の流れで取引は行われ消費者の手元へ届くのです。

貿易取引の条件

貿駅取引の条件は信頼できる相手との契約が必然です。国の違いは言語だけでなく商習慣や法規制の違いもあります。こうした取引相手との違いを理解し精通することが利益を生む貿易取引です。リスクを生まないことが何よりも重要になります。
次に貿易取引に関わるリスクについて確認していきましょう。

貿易取引のリスク

貿易取引にはリスクは多からずあります。利益を追求する貿易取引においてリスクは避けたいものです。リスクを負ってしまえば大きな損失に繋がってしまうからです。
リスクとは、代金未回収・契約商品の発送遅れ・信用リスクが挙げられます。これらのリスクに十分に注意しましょう。

言葉や商習慣の違いを理解し、リスクを回避する必要があるのです。

リスク対策

リスク対策は商習慣や法規制を理解すること、また言葉や商習慣の違いによる認識相違によるミスです。相手の商習慣を理解すればリスク回避に繋がります。
信用できない相手だと平気で商品発送を遅らせたり、不良品を送ってきたりします。商品を送ったにも関わらず代金を払わないことも貿易取引ではよくあることなのです。信頼できる相手を選ぶことが重要です。

まとめ

貿易取引の種類は、輸入や輸出の限りではありません。さらに貿易取引は変化し続けています。より人件費を抑える、無駄な税金の削減といった視点から、より効果的に利益を追求するために、貿易取引の様相は進化し続けています。今後さらに利益の追求による新しい取引も誕生するかもしれません。
貿易における取引の方法、種類内容を理解し、自社に最適な取引方法を選択することが重要でしょう。

PAGE TOP
無料相談・お見積もり