事例紹介

中国への輸出(商品:雑貨)

お客様の声#001

玩具、雑貨を扱う当商社様は長年、中国深圳の取引先へ、ほぼ月1回の輸出があります。

お取り扱いの商品は3000種以上あり、注文が入るとメーカーへの発注、梱包、インボイスなどの書類作成をお二人でこなされていました。

 

お客様の抱えていた問題

・入金を確認後、すぐに輸出手続きをする必要があった。

・日本国内のトラック料金が高騰した。

・商品の種類が多く、輸出申告に時間を割いていた。

・香港に到着後、深圳まで配送する間に商品の抜き取りが数回発生した。

 

OTS利用の決め手

メールのやり取りだけでなく、電話で気軽に相談できるところが良かったです。時には、深圳の取り引き先に直接連絡を取ってもらって、早期解決してもらったこともあります。

日本国内のサービスが値上げされた時は、大きな影響を受けましたが良心的なトラック会社を探して手配してもらえて経費を削減する事ができました。また引取に来てもらう際、事務所前の道路は狭くトラックも入りづらい環境も考慮して頂き、最適な大きさで引取に来てもらえて助かりました。商品はカートンに入れて梱包していたので、引取日に突然の雨でも濡れないよう、カバーを準備してもらったり、サイドパネルの付いたウィング車で来ていただいたりとリスクの軽減も考えてもらえました。

 

商品の種類が多く、輸出申告は時間が掛かっていましたが、カタログを先に通関業者に送る事で先に進めて頂くことができて、いつも予定通りの本船で出荷する事ができました。スケジュール通りだと先方も喜びますし、たとえ1日遅れてしまったとしても香港のOTSの方から細かなスケジュール変更を取引先にも伝えてもらえました。こういった細かいサービスが嬉しいですね。

 

過去に出荷した商品は、香港で輸入通関され、深圳へ配送されます。その間に商品の抜き取りが何度かありました。二人でやっている会社なので、梱包に時間も掛けられず、それでもちゃんと入れた商品が途中で抜き取られることは先方にとってもよくありません。そこで封をするテープを色付きの、しかも変わった色のテープで封をすることで解決できました。香港に着いた際には、貨物の写真をOTSから送ってもらい確認を行ってもらいました。地道な作業ですが何度かこういったことを繰り返すことで、抜き取りは無くなりました。

 

 

 

今後の展望

世界各国にあるOTSの力を借りながら、日本のかわいいキャラクター玩具や雑貨を世界に広げていきたいですね。輸出には規制のないものでも、輸入する国によっては手続きに時間が掛かるものがあるので、そこは事前にOTSに調べてもらえるので安心です。

またお客様への連絡もいち早く知らせてもらえ、取引先にも信頼してもらえます。細かなサービスをコツコツと行ってくれるので安心して任せられますね。

PAGE TOP
無料相談・お見積もり