OTSチャンネル

ザ・貿易 入門編1~輸入って難しいの?(1)

貿易 フォワーダーのお仕事・輸入

プロローグ

西山商事に入社して3年目の石田君は、この度の人事異動で海外事業部に配属となり、イタリアからの靴を輸入販売する担当者に任命された。
確かに学生時代からファッション、特にイタリア物が大好きではあったが、第一にイタリアのメーカーをどうやって見つけたらいいかさっぱりわからない。

そこで、イタリア貿易振興会に出向いていろいろと相談すると半年に1度イタリアで靴の国際展示会MICAMなるものが開催されていることを知った。
どうやら半年に1度4,5月頃と9,10月くらいにイタリアのミラノかボローニャで開催されており、世界各国からバイヤーが集まりそこで買い付けをするとのことで、行ってみたらどうかとアドバイスをいただき、上司からも快諾を得てイタリアに行く事になった。

憧れの国イタリア

事前に少しイタリア語会話集などを買って勉強するも、ミラノ・マルペンサ空港(MXP)に到着して入国する際も、またホテルまでのタクシーでもサッパリ聞き取れない・・が、相手がわかっているかどうかなど関係なしにしゃべりまくる、イタリア人のタクシー運転手に適当に愛想をふりまきながら、何とかミラノ中央駅近くの宿泊先ホテルに到着しチェックイン・・アリタリア航空(AZ)の直行便で成田空港(NRT)からミラノ・マルペンサ空港(MXP)まで12時間、そして入国手続きで1時間、タクシーでホテルまで1時間・・成田空港出てから14時間・・時差ボケもあり疲れがドッと出てきていつの間にか眠りについた。

さて明るい日差しに目が覚めてホテルのモーニング・・ブッフェ、といっても日本のホテルほどの品揃えはなく、とにかく甘いパンとフルーツが中心。
これじゃあ太るよなあ・・糖尿病製造機か!と思いながらもたまにはいいか・・となぜかお洒落な気分になるカプチーノと一緒にしっかりといただいて、ミラノ郊外の国際展示会MICAMに地下鉄(METRO)で向かう。

*ちなみに糖尿病患者所有国上位は、中国、インド、米国であり、2030年でも順位は変わらないといわれています。日本は第6位。イタリアなどヨーロッパの国は上位10位に全く入っていません。あれだけパン、パスタ、甘いもの食べるのに・・と不思議ですが、どうやら地中海料理が糖尿病を防ぐという研究結果があるようです。

会場に着くとまず驚かされるのが圧倒的な広さ・・それに当然ながらお洒落な8頭身のヨーロピアン美男美女・・それに妙なファッションのアジア系男女。
ここは仕事に集中しようと受付でもらった出展社パンフレットを見ながら会場入り。
イタリアだけでなくスペイン、ポルトガルなどの出展社も数多くまたどれをみてもお洒落でここに来るだけで「流行の先取り」ができるというのを聞いたことがあるが納得しながら、イタリアの出展社ブースに絞って回ることにする。

数社見ているうちに、1社DOVE srlの商品に魅かれる。
独創的でもあり、かといってそんなに派手でなく日本市場でも売れそうだ・・と直感。でもそういうお店に限って怖そうというか不機嫌そうな人がブースに立っている。
嫌な事でもあったのだろうか?
でも石田君が首に下げているカードをみてバイヤーだと気付いたその店員は、急に天使の笑顔のような100万ユーロのスマイルで近寄ってきて、親しげに話しかけてきた。

«

\ お気軽にお問い合わせください! /

\ Please share! /